賃貸物件を探すときはプロの不動産業者へ|魅力のNEW居生活

街並み

物件の種類

大きく3種類に分ける事ができる

賃貸住宅

賃貸物件はアパート、マンション、一戸建ての3種類に分ける事ができます。 アパートのメリットは物件数が豊富にあり、家賃が安めの物件も沢山ある事です。アパートは世の中の賃貸物件の大部分の割合を占めている存在ですので、探し易い物件と言えます。 マンションのメリットは基礎的な構造が高い事です。物件の多くはコンクリート造りですので、耐震性や耐火性、防音性などに対しての優位性があります。さらには管理人が常駐していたり、セキュリティ設備があるなどのメリットもあるのです。 一戸建てのメリットは独立している事です。アパートとマンションは集合住宅ですので、音の問題が発生し易くなります。一戸建てですと音の問題が起こり難い為、騒音などが気になる方に適しています。

古い物件なら安く住める

アパートとマンション、一戸建ての家賃を比較した際に、高いコストが掛かりがちなのがマンションと一戸建てです。賃貸の中でもアパートが安い傾向がありますので、安く済ませたいのならアパートが適していると言えます。 ただし、新しいアパートと古いマンションや一戸建てを比較した場合、古いマンションなどの方が安い事があるのです。マンションや一戸建ては家賃が高いというイメージがありますが、物件によってはアパートよりも安くなりますので、候補として一考してみる価値はあるのではないでしょうか。 また、古い賃貸物件の場合でもリフォームやリノベーションが施されている事がありますので、古さを感じさせない綺麗なお部屋の可能性もあるのです。